蜂の子で耳鳴りを改善

耳鳴りの原因

耳鳴りとは実際には音が鳴っていないのに、「キーン」や「ボー」といった音が聞こえる状態のことです。
耳鳴りには「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」の2種類あります。
自覚的耳鳴りは、自分にしか聞こえない耳鳴りで、他覚的耳鳴りはほかの人も聞くことができる耳鳴りです。
耳鳴りに悩まされている人の多くが、自分にしか聞こえない自覚的耳鳴りが起きています。

耳鳴りの原因は未だはっきりと分かっていませんが、音になる信号が脳に伝わり、脳から音を感知する回路の中で何か不具合が生じて起きているのではないかと推測されています。
そして、この不具合の要因になっているのは、自律神経の乱れや自律神経の乱れによって起こる血行不良ではないかと考えられています。

自律神経が乱れると免疫力が低下します。
免疫力が低下すると内耳や中耳にウイルスや細菌が感染しやすくなり、その結果耳に不具合が生じて耳鳴りを引き起こしやすくします。
また、自律神経の乱れによって慢性的に血流が悪くなると動脈硬化になりやすくなります。動脈硬化ができると血管壁に老廃物が溜まりやすくなり、耳や脳に繋がる血管が細くなって耳鳴りが起こりやすくなります。

蜂の子が耳鳴りの改善に効果的な理由

蜂の子には耳鳴りを改善するために有効な作用がいくつもあります。
今回は蜂の子が耳鳴りの改善に効果的な理由を4つご紹介します。

ストレスを緩和する

過度なストレスを受けると血中ホルモン「コルチゾール」の分泌量が増えます。
耳鳴りに悩んでいる人はそうでない人よりも血中のコルチゾール値が高い傾向にあることから、耳鳴りとストレスは密接に関係していると考えられています。
蜂の子にはストレスを緩和させるカルシウム、チロシン、脳や神経の興奮を抑えてくれるだけでなく自律神経の乱れを整えるセロトニンの材料にもなるトリプトファンが含まれています。
さらに蜂の子には体力を維持するために必要なアミノ酸が豊富に含まれていますし、難聴を向上させる作用を持つ亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、疲労回復作用を持つビタミンB群などのビタミン類もバランスよく含まれています。
実際に、岐阜大学の青木淳教授の研究グループで、耳鳴りを伴う難聴患者60名を対象に蜂の子を使用した耳鳴りや聴力回復効果を調べる試験を行ったところ、蜂の子を摂取していたグループは血中のコルチゾールの値が低下したという結果も出ています。

免疫力を高める

免疫力が低下すると体は細菌やウイルスへの抵抗力が弱くなり、ウイルスや細菌感染をしやすくなります。
それは耳も同じで、免疫力が低下すると内耳や中耳にウイルスや細菌が感染しやすくなり、耳鳴りを引き起こすきっかけにもなります。
蜂の子には免疫力をつくる免疫細胞の主原料であるタンパク質とアミノ酸が豊富に含まれています。
タンパク質を積極的に摂らないと免疫細胞が作られる数が少なくなり、免疫力も低下してしまいますので、日常的にタンパク質を補給することは免疫力を維持するためには必要不可欠なのです。
蜂の子にはタンパク質だけでなく、抗酸化力の高いビタミンCも含まれています。
体内の抗酸化力を高めておくことで、ウイルスや細菌が体内に入って来たときの攻撃力を高めます。
また、蜂の子には細胞の新陳代謝を促す亜鉛も含まれています。
細胞の生まれ変わりが活発に行われると、細胞が持つ働きを十分に発揮することができますので、免疫細胞の働きをサポートします。

血行を促進

自律神経が乱れると血行不良になります。
自律神経の乱れは生活習慣が主な要因になりますので、生活習慣を改善しない限り自律神経の乱れは慢性的になりやすく、結果的に自律神経から起こる血行不良も慢性的になります。
体の細胞が活発に活動するためには、血液から運ばれてくる酸素と栄養が不可欠です。
血行が滞り酸素や栄養がスムーズに運ばれなくなると、細胞の元気がなくなって免疫力の低下に繋がったり、動脈硬化を引き起こしたりと、耳鳴りだけでなくあらゆる病気の引き金になります。
また、血液は酸素や栄養を運ぶだけでなく、二酸化炭素と老廃物を回収して体外に排出したり、細菌やウイルスなどを攻撃してくれたり、体温調整をしてくれたりと、様々な役割がありますので、血行不良になると耳を始めとしたあらゆる器官で不具合が生じやすくなります。
血行を促して血行不良を改善するためには体を温めるだけでなく、自律神経を整えたり、血行を良くしたりする栄養素を摂ることが大切です。
蜂の子には自律神経を正常に働かせるタンパク質、自律神経の働きを良くするビタミンC、酸素を全身に運んで貧血を予防する鉄分、冷え性改善に有効なビタミンB1、ビタミンB2など、自律神経の乱れを整えて血行を促す栄養素が含まれていますので、耳鳴り改善の栄養補給には非常に有効です。

睡眠の質を改善

何らかの病気以外で耳鳴りを始めとしためまいや難聴が生じている場合、何よりもまず休息をとって心身を休めることが大切だといわれています。
しっかりと休息をとるためには質の良い睡眠が重要です。
質の良い睡眠をとるためには必要な神経伝達物質が「セロトニン」です。
セロトニンは記憶力や集中力を高めたり、過剰な食欲を抑えたりする働きがあります。
また、セロトニンが分泌されるとイライラや興奮した気持ちが静まることから、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。
セロトニンが分泌されると睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が活発になりますので、睡眠の質が良くなります。
セロトニンを作るために必要となる材料がアミノ酸の「トリプトファン」です。
蜂の子にはセロトニンの材料となるトリプトファンが含まれていますので、セロトニンの分泌を促し、間接的にメラトニンの分泌もサポートして、質の良い睡眠へと促します。

耳鳴りを改善するためには自律神経を整えたり、疲労を回復する栄養素を摂るだけでなく、質の良い睡眠を確保したり、軽い運動習慣を取り入れたりというように根本的に生活習慣を見直す必要があります。
一般的に、耳鳴りは疲れが溜まっているときや休息がとれていないときに起こりますので、心身の疲労を回復する作用を持つ蜂の子を摂って、疲れを溜めない体をつくることが大切ですよ。

【参考】
蜂の子は耳鳴りに効果ある?
http://wanpack.main.jp/archives/2240/
聞こえのトラブルに蜂の子
http://tirol.mints.ne.jp/2005natumaturi.html
耳鳴りにお困りの方は蜂の子を摂ろう
http://www.stackhands.com/blog/operations/decision-making-framework-keith-rabois-square-paypal-linkedins-first-coo/
突発性難聴と蜂の子
http://bihorokokuho.main.jp/bosyu.html
蜂の子で耳鳴りを改善できる
https://www.z-valley.com/about/jobs/