蜂の子で代謝を活性化

蜂の子で代謝を活性化!

蜂の子が代謝の活性化に良い理由は、蜂の子に含まれる豊富なアミノ酸にあります。
蜂の子には、体内で合成できる非必須アミノ酸を始めとした、人間の体内では合成できない必須アミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸はタンパク質を合成しますので、積極的に摂ることでタンパク質で出来ている皮膚や髪の毛、爪、骨などの細胞の再生に働き、全身の細胞の代謝を活性化します。
また、蜂の子に含まれるビタミンB2も、脂質、炭水化物などの代謝に必要な栄養素ですので、蜂の子を摂ることで新陳代謝を活発にします。
ほかにも、蜂の子に含まれる亜鉛は体の様々な機能を正常に保つ酵素のうち300種以上もの酵素に関わっていますので、活発な新陳代謝のためには亜鉛の摂取が大切です。
このように、蜂の子には代謝を活性化させる様々な栄養素が豊富に含まれています。
では、代謝が活性化するとどんなメリットがあるのでしょうか?

代謝が活性化されるメリット

痩せやすく太りにくい体になる

代謝が活性化されるとエネルギー消費が活発になりますので、特別な運動をしなくても糖質や脂質などの分解が効率よく行われます。
その結果、脂肪を体内に溜めにくくしますので、痩せやすく太りやすい体になります。
また、特別な運動をしなくてもエネルギー消費量が高い状態なので、運動量や活動量を増やすと体重減も望めます。

肌のハリ、ツヤUP

代謝は体のあらゆる組織が生まれ変わることですので、その活動が活発になるということは、肌のターンオーバーもスムーズになり、肌のハリ、ツヤも高まります。
また、シミやニキビができてしまっても古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わる周期が正常であれば、シミが薄くなったりニキビの治りが早くなったりします。
さらに、毎回正常なサイクルでターンオーバーが行われると肌は強くなっていきますので、ニキビや肌荒れなどが起きにくい肌になります。

冷え性の改善、体力回復

代謝が活発になると血液循環が良くなり、体温が上がります。
体温が上がると、冷え性、肩こり、腰痛、むくみなど、血流が滞ることで起きる弊害を予防、改善へと促します。
また、体温が低いと筋肉が強張りやすくなりますので、筋肉疲労が取れづらく、溜まりやすいので、代謝が良くなって血行がよくなることは筋肉の強張りをほぐして筋肉疲労の回復を促進することにも繋がります。

免疫力のUP

上記でも説明しましたが、代謝が良くなり血流が良くなると体温が上がります。
体温は1℃上がると免疫力が約5倍もUPするといわれていますので、風邪や病気などの菌やウイルスへの抵抗力が強くなります。
免疫力が高くなるとガン細胞を攻撃するNK(ナチュラル・キラー)細胞も活発になりますので、ガンの予防、ガン細胞の増殖の抑制にも繋がります。

内臓機能の活性化

代謝が良くなると内臓の働きも活発になります。
内臓の働きが低下すると、胃の消化活動が低下したり腸のぜん動運動が滞ったりします。
その結果、胃もたれや便秘といった不調が起きやすくなります。
代謝が活性化されると内臓の動きも良くなりますので、胃もたれや便秘などの内臓機能の不調による弊害を予防し、改善へと促します。

今回ご紹介したメリットはほんの一部ですが、蜂の子を摂って代謝が活性化されると体にとって嬉しいことがたくさんあります。
体内で行われる代謝活動は、筋肉量やホルモン分泌量の減少などによって年齢とともに低下していきますので、代謝を活発にするものを食べ物から積極的に摂る必要があります。
蜂の子は代謝を活性化するだけでなく、他にも様々な健康効果が期待されていますので、毎日蜂の子を摂って毎日の元気を手に入れましょう。

【参考】
筋肉をつくり代謝を活性化させる蜂の子
https://www.charlestonwine.com/matt_horton.html
蜂の子には女性に嬉しい効果
https://www.10xshooters.com/calculators/Shotshell_Reloading_Cost_Calculator.htm