蜂の子で生活習慣病を予防

生活習慣病とは?

生活習慣病は、食習慣、運動習慣、ストレス、飲酒、喫煙などの生活習慣の乱れによって発症する病気です。
かつて、生活習慣病は「成人病」とも呼ばれていましたが、成人病は大人になってからの習慣だけでなく子どもの頃からの生活習慣も要因となることが判明したことで、その名称を成人病から生活習慣病に改称しました。

生活習慣病は生活習慣の乱れによって肥満、高血圧、脂質異常、高血糖を引き起こしやすくします。
これらの症状が悪化すると、肥満症、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などにかかりやすくなり、さらに悪化すると心筋梗塞、狭心症、脳卒中、脳梗塞、ガンなどのリスクを高めるだけでなく、最悪の場合、命の危機に関わる恐れもあります。

生活習慣病を予防し、改善するためには乱れた生活習慣を整えることが大切です。
蜂の子には乱れた生活習慣を整える作用がいくつもあります。
では、蜂の子のどんな働きが生活習慣病の予防・改善に良いのでしょうか?

蜂の子で生活習慣病を予防・改善

バランス良く栄養補給

生活習慣病を予防・改善するためには、乱れた食習慣を整えることが大切です。
蜂の子には、エネルギー源となる炭水化物、脂質を始めとした、筋肉や臓器などの構成成分となるタンパク質、身体機能を正常に保つビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていますので、栄養バランスが乱れがちな食習慣をサポートします。
また、生活習慣病を予防するためには血糖値を下げる働きを持つミネラルの摂取が重要になりますので、インスリンの働きを助ける亜鉛や糖尿病のリスクを下げるマグネシウムが含まれている蜂の子は効果的です。

睡眠不足を予防・改善

生活習慣病は生活習慣が原因となるので、睡眠習慣も生活習慣病の起因に関係しています。
例えば、睡眠不足が続いたり、質の悪い睡眠ばかりとっていたりすると、本来活動しなければならない昼間に眠気がやってきて心身は活発に活動できません。
昼間に活発に活動しないと、昼に使いきるはずのエネルギーは消費することなく余ってしまいます。
エネルギー消費量よりも体内のエネルギー源が上回ってしまうと、消費されるはずだったエネルギー源はそのまま脂肪となり、肥満を招きます。
また、睡眠不足が続くと食欲を増進させる作用を持つグレリンが増えて食欲を抑える作用を持つレプチンが減りますので、食事をしても空腹感が十分に満たされず食べ過ぎてしまい、肥満を招きます。
肥満は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こす作用がありますので、予防するためには睡眠不足を予防・改善することが大切です。
蜂の子には、質の良い睡眠を促す睡眠ホルモン「メラトニン」を作るセロトニンの材料となるトリプトファンが含まれているだけでなく、神経の興奮やイライラを抑えるマグネシウム、脳の神経伝達物質をつくる亜鉛なども含まれていますので、乱れた自律神経を整えるように作用します。
自律神経が整うと交感神経と副交感神経の切り替えが正常になりますので、昼間は活動・緊張モードの交感神経が優位になり、夜は休息・リラックスモードの副交感神経が優位になることで、深い睡眠を促します。

血糖値の上昇を予防

人の体はストレスを感じると交感神経が刺激され、アドレナリンや甲状腺ホルモン、コルチゾールなど血糖値を上昇させる働きを持つホルモンを分泌します。
一時的なストレスであれば血糖値の上昇も一時的なものなのですぐに下がりますが、慢性的に強いストレスを受け続けていると血糖値は常に高い状態となり、高血糖になります。
高血糖が続くと、血管内が細くなったり詰まったりしやすくなりますので動脈硬化を引き起こすリスクを高めます。
動脈硬化が進行すると狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病を発症させます。
蜂の子には、心を安定させるトリプトファンや興奮やイライラを抑えるマグネシウム、カルシウムなどが含まれていますので、継続して摂ることでストレスを和らげます。
また、蜂の子には血糖値を下げる作用を持つミネラルがバランスよく含まれていますので、血糖値の上昇を予防します。

蜂の子には生活習慣病を予防し、改善へと促す働きがいくつもありますので、生活習慣病の方はもちろん生活習慣が乱れがちな方も、蜂の子を摂って生活習慣を整えましょう。

【参考】
蜂の子が生活習慣病の予防と改善に効果的な理由
https://www.acucouncil.org/lifestyledesease.html
蜂の子で不眠を解消
http://www.schroonlake.org/08.html
蜂の子のパワーはすごい
http://attaka.main.jp/05.html